このTOEIC勉強法あり?

TOEICの勉強!洋書を読むなら、まずは洋書は買わない

TOEICの勉強に洋書を使った勉強法はどうかな? と考える人も多くいると思います。

本を読むのが好きな人は、趣味の読書もかねて勉強できたら最高ですよね?

日本語の本を読む時間を洋書に変えれば、読書もできるし英語も勉強できるのでいい! と考える人もいるかもしれません。

私も本を読むのが好きです。そこで洋書や英語雑誌のTIME、また絵本などで英語の勉強をしようとチャレンジした経験があります。

そんな私の経験と最近の洋書事情を考慮して、どんな基準で洋書を選ぶべきか紹介していきます。

スタディサプリ ENGLISH

洋書でTOEICの勉強をするなら、まずは洋書を買わない

TOEICの勉強のために洋書を読みたいと考えても、まずは洋書を買ってはいけません!

なぜなら洋書は難しいため、洋書の練習版で練習を重ねた上で、洋書を読むという手順を踏まないと絶対挫折してしまうからです。

洋書の練習版は、Graded Readers(グレイディッド・リーダー)といいます。次の段落で詳しく説明していきます。

例えば、あなたにもこんな経験はありませんか?

  • TOEICの勉強にいいと聞いて、英字新聞を買ってみたけど難しすぎた
  • もしくは英文雑誌のTIMEの定期購読をしてみたけど、結局読まずに置いてある
  • 電車やカフェで洋書を読んでいる人を見かけてカッコいいなと思い、洋書を買ってみた

しかし、これらを最後まで読めたという人はほとんどいないのではないでしょうか。

英字新聞や雑誌TIMEであれば興味のある記事を2~3個読んで終わりだと思います。

なぜこのようなことが起きるかというと、洋書は難しいから読めないのです。普段英語を使っている欧米人向けに書かれた本を、普段英語を使っていない人が読んで簡単に理解できるはずがありません。

【例えば、日本語で書かれた新聞やビジネス書籍を思い浮かべてみて下さい。】

私たち大人は新聞を読むことはできます。しかし高校生が新聞を読むのは時に難しいと感じるはずです。

なぜなら単語自体の意味は分かっても、社会・経済・政治などの知識がないと理解が難しいからです。

これは英字新聞やTIMEなどの英語雑誌が難しいと感じることに似ています。その国の背景や知識がないと理解が難しいのです。

【また、英語で書かれた小説を想像してみて下さい】

例えば… 好きという言葉だけでも表現方法はたくさんあります。これ以外にも沢山あります。

  • I like you.
  • I love you.
  • I’m gonna be with you.
  • I am falling for you.

これらはどれも好きを表現する言葉ですが、日本語の「好き」「恋してる」「愛してる」のように微妙に意味が異なります。

日本語にもたくさんの言葉の表現があるように、好きという意味だけでも、私たちが知っている「love」や「like」以外にもたくさんの表現があります。

言葉の表現方法は数多くあるため、色々な表現を知らないと読んでいて理解できません

このように欧米文化や、たくさんの単語・英語表現が分かって、ようやく洋書を読むことができます。

ある程度の英語力がないと挫折してしまうのはお分かりになったと思います。

そうはいっても、英語力とりわけリーディング力(英文読解力)をあげていくには、たくさんの英文を読むこと(多読)が効果的だと言われています。

では単語や英語表現を勉強した後でなければ、多読はできないのでしょうか。

洋書は多読にピッタリの教材です。しかし先ほどお伝えした通り、洋書は難しいです。

ではどうやったら洋書を読めるようになるのでしょうか。絵本などを読むの? と疑問に思う人もいると思います。

洋書を読むために、まずはGraded Readersの本で練習

洋書を読む前段階としてオススメするのは、Graded Readers(グレイディッド・リーダー)の本を読むことです。

Graded Readersとは使われている単語や文法を制限することで、英語学習者が辞書なしで読めるようにアレンジされた多読のための英語教材(洋書)で、全文英語で書かれています。

(画像引用:Pearson社ホームページより http://www.pearson.co.jp/catalog/readers-2018.php)

Graded Readersは英語を勉強している外国人向けに書かれた本のことで、単語数が制限されていて、難しい単語や表現はさほど出てきません。

そのため辞書をあまり引くことなく、読み進められるのが特徴です。

なぜ洋書を読む前にGraded Readersの本をオススメするかというと、3つ理由があります。

【洋書を読む前にGraded Readersの本を読む3つの理由】

  1. 洋書は難しすぎるため
  2. 自分は読めるという自信をつけるため
  3. 基本の単語力や文法がきちんと身についているか確認するため

3つ合わせて、詳しく説明していきます。

例えば、洋書を読みたいと考えて、どんな本を選べば良いか検索する人は多いと思います。

そうすると、ネット書店などにたどり着きます。

あなたのレベルに合った本はこちらですよ! 例えばTOEICのリーディングの点数200~250点の人向けなど、点数別に検索をすることができます。

ここで自分のレベルに合った本を買うとしましょう。しかしその洋書はあなたのレベルには合っていない可能性が高いです。

なぜなら普段から英文をたくさん読んでいない人は、英文を読み続けること自体が難しいため、スムーズに読めないからです。

私も自分のレベルに合った洋書をアマゾンで見つけて読んでみましたが、難しすぎて最初の2ページで読むのをやめてしまいました。

洋書を読み続ける(多読を続ける)コツは、簡単な英文をたくさん読むことで自信をつけて、徐々に難しいものにチャレンジしていくことです。

最初から難しいものにチャレンジすると、分からない単語が多すぎて挫折してしまったり、「自分はなぜこんなのも読めないのか」と自信をなくしてしまいます。

例えば、あなたがいつかフルマラソン出てみたいと考えているとしましょう。

しかしあなたが普段マラソンをしていなければ、初めからフルマラソンに挑戦しようとは思わないはずです。

まずは5キロや10キロの短距離マラソンに数回出場して、ハーフマラソンに出て、その後フルマラソンに挑戦するという手順を取ると思います。

このように何か難しいことにチャレンジする時は、少しづつ難易度をあげていくことがオススメです。

これは洋書を読む時にもあてはまります。洋書はTOEIC800点以上を持っている人でも難しいと多くの人は言います。

そのため難しいと言われている洋書にチャレンジするには、簡単な洋書(英文)からクリアしていく必要があります。

5キロ・10キロ短距離マラソンは、洋書でいうとGraded Readersです。

簡単な単語・英文で練習を積むことで、自分がどんな文法をまだ理解できていないのか、また覚えられていない単語があるか分かります。

また英文をたくさん読むことに慣れて、自信をつけることができます。

ではGraded Readersの本はどうやって入手できるのか? またオススメの本について紹介します。

Graded Readersの入手方法

Graded Readersの入手方法は大きく分けて3つあります。

【Graded Readersの入手方法】

  1. 町の大きな本屋で購入
  2. ネット書店で紙の本を購入し自宅に送付してもらう
  3. ネット書店でネット書籍を買って、タブレットやPCなどで読む

私のオススメは3番の方法です。

なぜなら、下記の理由からです。

1.町の大きな本屋で購入

町の大きな本屋で購入しようと、私もいくつかの本屋に行きましたが取り扱っていませんでした。

例えば東京や大阪などの都市圏で、洋書の取り扱いが多い書店などには、おそらく売っています。しかし私の住むエリアでは見つけることができませんでした。

また書店に在庫があったとしても、品ぞろえは多くないかもしれません。

2.ネット書店で紙の本を購入し自宅に送付してもらう

ネット書店で紙の本を購入する方法もありますが、あまりオススメできません。

Graded Readersの本は簡単な文章で書かれており、数時間で読み終わるものもあります。

そのため毎回紙で購入すると、収納スペースのことを考えなければなりません。

いずれ中古で売り出したいという人や、これだけ本を読んだという記録として取っておきたい人以外はオススメしません。

3.ネット書店でネット書籍を買って、タブレットなどで読む

私がなぜネット書籍をオススメするかというと、ネット書籍を読む時は辞書機能が使えるからです。

洋書を読む時は、必ず分からない単語が出てくるはずです。本を読みながら、携帯やパソコン、または電子辞書などでわざわざ検索していると面倒です。

しかしネット書籍には辞書機能があり、わからない単語にカーソルをあてるとすぐに辞書で検索することができます。

この機能のおかげで、調べるというストレスが少し緩和し、読み進められるはずです。

私は紙の本も好きですが、辞書機能と家のスペースを考えるとGraded Readersはネットで読むのがいいかなと私は思います。

Graded Readersの種類について

Graded Readers(以下、GR)を出している出版社は複数あります。

  • Macmillan Readers(マクミラン・リーダーズ)
  • Pearson’s Graded Readers(旧:Penguin Readers)
    (ピアソン・グレイデッド・リーダーズ)
  • Oxford Bookworms(オックスフォード・ブックワームズ)
  • Cambridge English Readers (ケンブリッジ・イングリッシュ・リーダーズ)

この4社が有名です。色々な出版社があると、どこの本を読めばいいか迷ってしまいますよね。

私のオススメは、出版元にこだわるのではなく、まずは本のタイトルで自分の好きなものを選べばいいと思います。

なぜなら日本語の本を選ぶ時でも、出版社で本を選ぶ人は少ないはずです。

新書などを除いて、ほとんどの場合は著者やタイトル・本のカバーなどで好きなものを選ぶと思います。

出版社については気にする必要はありませんが、GR本を選ぶ時に注意しなければならないのは、自分のレベルに合った本を選ぶ必要があります

GRは英語の単語や文法に制限をつけることで簡単に読むことができる本だと説明しました。

各GR本はレベル分けされており、このようにタイトルと共にレベルが記載されています。

(画像引用:Amazon HPより https://www.amazon.co.jp/)

上記のようなレベルを参考に、GR本を購入していきましょう。

レベルは各出版社毎に異なります。参考までにマクミラン社のレベル表を載せます。

(画像引用:Macmillan HPより http://download.mlh.co.jp/wordcounts/macmillanreaderscatalogue.pdf)

Graded Readers!どのレベルから読むべきか

あなたがどのレベルのGraded Readersの本を読むべきかを判定する方法があります。

  • 上記のようなレベル表を参考にする
  • Graded Readersの出版元で、レベルチェックテストを受ける

このようにレベルを判定することもできますが、私のオススメは最初のレベル(easy startsやstarter、もしくはlevel1)などから始めることです。

なぜなら自分がどの程度読めるか分からないからです。各出版社によって、最初のレベルの呼び名が違います。

これはPearson社のlevel1、トムソーヤの冒険の冒頭です。

(引用:Penguin Readers: Level 1 THE ADVENTURES OF TOM SAWYER (Penguin Readers, Level 1))

見てもらうと分かりますが、簡単すぎると感じる人は少ないのではないでしょうか。これでLevel1です。

私はTOEIC850弱ありますが、私が始めるとしても一番下のレベルから始めます。

簡単な単語でもきちんと理解できていないものや、簡単な文章をたくさん読むことで自信をつけることができます。

まずは一番簡単なレベルを読んでみて、簡単すぎれは次はレベル2、3と少しづつ上げていき、少し難しいと感じるレベルまでレベルをあげていきましょう。

そうしたらそのレベルから、複数の本を読むようにしましょう。

少し難しいと感じるということは、自分のリーディングレベルはその程度だということです。

Graded Readersのネット書籍を買ってみる!

では具体的にGraded Readers本は、どのように購入すればよいのか紹介します。

先ほどGR本はネット書籍がオススメだとお伝えしました。

ではGRのネット書籍はどこで買えるかですが、アマゾンで買うのがいいかなと思います。

普段ネット書籍を読む方であれば、kindleという電子書籍のアプリを入れている人も多いかもしれません。まだの方はネット書籍を読むためにkindleアプリのダウンロードがオススメです。

アプリを入れたら、まずはアマゾンの検索窓でGraded Readers level1と入れて検索してみましょう。

(画像引用:Amazon HPより https://www.amazon.co.jp/)

出版元によって、一番下のレベルの呼び名がlevel1だったり、easy startだったりするのでその点は注意してください。

検索結果の中から自分の興味があるタイトルや本のカバーはありますでしょうか?

もしかしたらあなたの興味があるような本はあまりないかもしれません。

GR本は、原作の単語や文章を簡単に読めるように書き換えられていたり、GR本のために書き下ろされている本があります。

そのため本の種類も制限されているので、自分の好きな本がたくさんあるとは言えないでしょう。

日本語の本を読む時は、図書館や本屋に置いてあるたくさんの本の中から自分の好みにあった本を選ぶことができます。

この点でGR本を読むのは読書好きなあなたにとっては、楽しみが少ないかもしれません…

しかしGR本を読み進めていくことで、やっと普通の本(洋書)が読めるようになります。

読んでみたかった原書(洋書)などを読むための通り道だと考え、ぜひGR本で洋書を読む前のトレーニングを積んでもらえればと思います。

【Graded Readersの本を一定期間読み続けると…】

  • 英語の本を読むことに抵抗がなくなる
  • 早く読めるようになる
  • 分からない単語が出てきても飛ばして読めるようになる
  • 英語の本を読めるという自信がつく

このように洋書を読む前にたくさんのGR本を多読することで、洋書に対する抵抗がなくなっていきます。そうすれば洋書を読めるようになるのも、すぐそこです。

ぜひGR本でまずは練習をして、洋書につなげていきましょう。

まとめ

今回の記事では洋書を読む前には、まず練習としてGraded Readersの本を読むことをオススメしました。

GR本をたくさん読むことで、リーディング力と速読力をつけることができます。

TOEIC試験は短い時間でたくさんの英文を読む必要があります。GR本で多読することで、TOEICのリーディングの勉強にもなります。

洋書を読めるようになるための手段として、GR本で多読を頑張っていくのがオススメです。

スタディサプリ ENGLISH

あなたのTOEIC勉強法、非効率かもしれません…

TOEICの勉強を始める時、多くの人は参考書を買って勉強しようと考えます。

参考書で勉強する場合、単語・文法・リスニング・リーディングのすべての参考書を自分で選び、スケジュールを自分で組み当てて勉強していく必要があります。

勉強すべき内容は明確なのに、多くの人がTOEICで点数を上げられないでいます。

それはなぜかというと、どんな参考書をどの位の頻度で、どの程度勉強すれば良いか誰もアドバイスしてくれないからです。

短期間でTOEIC高得点を取るために選ぶべきTOEIC教材のポイントは、以下の二つです。

TOEIC教材を選ぶ2つのポイント

・TOEIC専用の教材であること
・ひとつの教材でTOEICの勉強が完結するもの

この条件にあてはまるTOEIC勉強法はいくつかあります。しかし本当に結果を出せるもの、また忙しい中でも勉強できるものを考えると限られています。

以下のページで管理人がやってみて良かった、TOEIC勉強法についてレビューしているので、ぜひ参考にしてみて下さい↓