TOEIC勉強法

英語初心者の人がTOEICの勉強を始める時に必要な教材

仕事や就活などで TOEIC の勉強を始めようと思うと、まず本屋に行くと思います。そこで TOEIC の本がたくさん並んでいる中から、自分が気になる本を手に取ります。中を見た途端、難しすぎて「あぁイヤだ。」と思ったことはありませんか。

そして他の本を取ってみて、デザインはこっちの方がいいな~。けれども「やっぱり自分にはTOEICは難しすぎる。」「受けるのやめようかな。 」などと感じたことはありませんか。

TOEIC は社会人の英語力をはかる試験として一番有名です。こんなに有名なTOEICの試験ですが、どんな試験か知らないという人も多いかもしれません。

普段英語を使わない人や、長い間英語から遠ざかっていた人にとっては TOEIC のテストは実はとても難しい試験です。でも仕事や就活で TOEIC の点数を上げる必要がありますよね。

過去の TOEIC試験 で200点や300点代の人や、「 be動詞とその他の動詞の違いって何だっけ」というような方が、 TOEIC の勉強を始める際に必要な教材や勉強手順について、この記事ではお伝えしたいと思います。

スタディサプリ ENGLISH

英語初心者の人は、まずTOEICの教材は使わない方が良い

英語初心者の人が TOEIC の勉強を始める時は、 TOEIC の教材は使わないようにしましょう。なぜなら本屋にある TOEIC の教材は難しすぎるからです。ほとんどの TOEIC 教材は TOEIC の点数が約400点程度ある人に向けたものです。例えば TOEIC 教材で有名な「金のフレーズ」という単語本があります。この本の最初に出てくる単語にavailable(利用できる)があります。

英語を使って仕事をしているとよく使う言葉で、 TOEIC にもよく出題されます。しかし leave(出発する)やplates(皿)などの簡単な単語は単語帳の例文の中には出てきますが、これらの本の、覚えるべき単語の中には入ってきません。なぜならこれらの単語は中学校で習う簡単な単語のため、覚えていることが前提になっています。

しかし長く英語から離れている人はこういう当たり前の単語でも、すぐに意味が出てこないということがあると思います。もしくはあなたが中学高校の時に英語を苦手としていて、ほとんど英語の勉強をしてこなかった場合は、もちろんこれらの単語を知らないと思います。

しかし、大丈夫です。中学英語のやり直しをすれば TOEIC で点数を上げることができます。もしあなたが過去の TOEIC の試験で400点に満たない場合や、英語を苦手としている場合は、まずは TOEIC の教材は置いておき、基本英語からやり直しをしましょう。

中学英語の復習をすることは実はTOEIC高得点への近道

TOEICの試験を受けるのに、中学英語の復習は遠回りだと思うかもしれません。なぜならTOEICに出てくる問題はもっと難しいから、TOEICの教材をやった方がいいんじゃないかと思うかもしれません。 しかし基礎がないと残念ながら応用問題はとけません

例えばあなたにもこんな経験があるかもしれません。昔、英語の試験を受けて、ほとんどの単語の意味が分からず、文章全体の意味が全然わからなかったという経験はありませんか。

しかしたとえば日本語の新聞の中に聞いたことがない単語が一つか二つあったとしても、そのほかの単語の意味が分かれば、意味を予想して文章全体を理解することができると思います。

このように知っている単語が増えれば知らない単語があっても周りの文章から予想することができます。そのためなるべく多くの単語を覚えて知らない単語を減らしていきましょう。

そのためには中学英語からやり直すことが一番近道です。中学英語の英単語からやり直すなんて気が遠くなると感じる人も多いかと思います。確かに中学英語からやり直すと勉強する量は増えます。しかし結果的には基礎がある人とない人では、確実に最後には差がつくのでここは踏ん張り時だと思って中学英語からやり直すようにしましょう。

「中学英語と言うと、どこからやり直せばよいのか。」と思う人もいるかもしれません。私のお勧めは中学1年からやり直すことがベストだと思います。なぜならどの英文法や英単語からつまづいているか分からない人が多いからです。過去の私も同じでした。

私自身18歳まで英語が全く苦手でした。 TOEIC を受けたらおそらく200点ぐらいだったのではないかという程度です。私の場合は大学受験のために、中学英語から英語の勉強のやり直しました。その結果、難関大学へ合格をすることができました。

やはり TOEIC のような難しい英語を読むためには基礎が大事です。そのためTOEICのことはひとまず置いといて中学英語の復習に専念しましょう。

TOEIC点数UPのための、中学英語の復習に必要な教材は英単語と英文法のテキストのみです。なぜ中学英語の復習に必要なのは単語と英文法の二つだけかと言うとあまり多くの教材に手を出すことはお勧めしません。なぜなら何回も繰り返すことで英語は身につきます。

色々な教材で勉強していると、どの単語は自分は覚えられていて、どこを覚えられていないのかが分からないからです。そのため中学英語の復習には単語と文法の教材のみをやるようにしましょう。

TOEIC点数UPのための、中学英語の復習に必要な教材はこちら

私がお勧めする教材は以下の通りです。

1.英文法の本「中学英語をもう一度わかりやすく」

「中一英語をひとつひとつわかりやすく」という本がシリーズで中1から中3まであります。この3冊の本を、1冊にまとめた「中学英語をもう一度わかりやすく」という本が高校生から大人向けとして発売されているので、こちらをオススメします。写真はシリーズ3冊全部のものです。

この本をおすすめする理由は三つあります。

一つ目は説明がとてもわかりやすいこと

説明が分かりやすく書かれていないと、意味がわからなくてやる気をなくすことがあると思います。しかしこの本は最初は中学生向けに書かれていた本なので、とても説明が分かりやすいので苦労せず内容を理解することができます。

二つ目は YouTube の解説動画があること

本の著者である山田先生が、この本のすべてのページについて授業動画を撮っていて、YouTubeにアップされています。本を読むだけだと眠くなってきて勉強ができないという人には動画を見ながら、本を理解していくことがオススメです。

三つ目は英文の音声があること

練習問題すべての英文の音声 CD がついています。もしくは、りすアプというアプリをダウンロードしても音声が聞けますのでオススメです。

この本は見開き1ページの左ページに英文法の説明が書いてあり、右ページが練習問題になっています。問題数は約10問から15問程度あります。

英文の音声を聞くことはTOEICリスニングに役に立ちます。

2.英単語「ランク順 中学英単語1850」

英単語はランク順中学英単語1850をお勧めします。 なぜなら高校受験によく出る英単語を順番に勉強することができるからです。サイズは単行本サイズです。

例えば TOEIC 600点を目指す英単語の本もありますが、基本の英単語はさすがに出てきません。そのためまずは中学英語で習う英単語をしっかりと覚えた上で TOEIC の教材に進むようにしましょう。

この本には無料のアプリがあり、アプリをダウンロードすると単語をきちんと覚えられたかクイズ形式で問題を解くことができます。残念な点はアプリでは音声がでないので、音声を聞きたい場合はアプリとは別のURLから音声をダウンロードする必要があります。

まとめ

今回の記事では英語初心者の人がTOEICの勉強する際に必要な教材について紹介しました。TOEICで高得点を取るためには中学英語の復習が大事です。ぜひ基本からやり直しをして、TOEICで目標点に達することができるように頑張っていきましょう。次の記事では上記で紹介した教材をどのような頻度で、どういう風に勉強したら良いかお伝えしたいと思います。

中学英語の復習が終わったら、次はTOEICの教材に進んでみてください。オススメするのはTOEICに特化したスタディサプリというアプリです。色々な英語教材で勉強してきた管理人がTOEICの点数をあげるためには一番近道な勉強法だと感じています。ぜひ中学英語の復習を終えたらこちらのアプリをダウンロードしてみてください。

スタディサプリにはTOEICコース日常英会話コースの2つがあり、TOEICコースを申し込むとタダで日常英会話コースも受けることができます。TOEICコースでは英文を読むスピードが速すぎてついていけないなどと感じる方には日常英会話コースと並行して勉強することもできます。中学英語の復習と並行して日常英会話コースを始めることもオススメできます。ぜひダウンロードしてみてください。管理人が実際に使っていて自信をもってオススメできます!

スタディサプリ ENGLISH

あなたのTOEIC勉強法、非効率かもしれません…

TOEICの勉強を始める時、多くの人は参考書を買って勉強しようと考えます。

参考書で勉強する場合、単語・文法・リスニング・リーディングのすべての参考書を自分で選び、スケジュールを自分で組み当てて勉強していく必要があります。

勉強すべき内容は明確なのに、多くの人がTOEICで点数を上げられないでいます。

それはなぜかというと、どんな参考書をどの位の頻度で、どの程度勉強すれば良いか誰もアドバイスしてくれないからです。

短期間でTOEIC高得点を取るために選ぶべきTOEIC教材のポイントは、以下の二つです。

TOEIC教材を選ぶ2つのポイント

・TOEIC専用の教材であること
・ひとつの教材でTOEICの勉強が完結するもの

この条件にあてはまるTOEIC勉強法はいくつかあります。しかし本当に結果を出せるもの、また忙しい中でも勉強できるものを考えると限られています。

以下のページで管理人がやってみて良かった、TOEIC勉強法についてレビューしているので、ぜひ参考にしてみて下さい↓