TOEIC勉強法

TOEIC600点を取るために必要な勉強法とは

「TOEICで600点以上取りたい」「TOEIC600点を超えるには、どんな勉強をしたら良いの?」と考えている方も多くいると思います。

TOEIC600点は英語の基本を理解でき、実践問題に取り組めば、取れる点数です。英語の基本というのは、ビジネスで使う最低限の英単語と英語の構造を理解していることを指します。

それではTOEIC600点を取るために具体的にどんな勉強をしたら良いか、TOEIC600点を取るためのTOEIC勉強法について紹介していきます。

ベルリッツ

TOEIC600点を取るために必要な勉強法

TOEICで600点を取りたい方の中には、転職や就活、会社での昇格などで必要という方もいるかと思います。TOEIC600点は転職などで履歴書に書ける最低ラインですし、社会で評価されるのはTOEIC600点からです。

TOEIC平均点は580点程度のため、履歴書に書くならTOEIC600点は欲しいところです。それではどのように勉強したらTOEICで600点を取ることができるのでしょうか。

TOEIC600点以上をとるには、以下の4つの勉強が必要です。

  • 単語
  • 文法
  • リスニング(耳で聞く英語)
  • リーディング(長文読解)

なぜならTOEIC試験で求められているのは以上の4つだからです。TOEIC L&R(トーイック リスニング&リーディング)試験では英会話力や英語のライティング能力は求められていません。

そのため上記4つを効率的に勉強できる勉強法を選ぶようにしましょう。

例えば、TOEICで点数をあげるために、英会話や英作文、英語で日記を書くことを考える人もいるかと思います。

英会話や英作文、英語での日記はあなたの英語力を上げる意味でとても効果があります。しかしTOEICで点数を上げることを第一目標にするのであれば、今選ぶべき勉強法ではありません。

なぜならTOEICで英会話力は必要ないですし、英会話にかける時間があればTOEIC用の教材で勉強した方が短期間で点数をあげることができるからです。

このようにTOEICで点数をあげることを、英語を勉強する上での第一目標にするのであれば、単語・文法・リスニング・リーディングの4つを勉強するようにしましょう。

TOEIC600点を攻略するには、勉強する順番が大事

TOEIC600点以上を取るためには、勉強する順番に気を付ける必要があります。まずは英語の基本を理解した上で、その後応用問題や実践問題を解いていくというのが正しい勉強法です。

決して最初から、公式問題集のような実践問題に取り組むことは止めましょう。分からない問題が多すぎて挫折してしまう可能性が高いからです。具体的には下記のスケジュールで勉強をしていく必要があります。

中学英語の復習を終えたら、TOEIC教材で単語と英文法の勉強を開始します。そして文法が身に付いた上で、リスニング・リーディングに進みます。

この間も、単語はずっと勉強します。単語の勉強の時は音声がついたものを選びましょう。音声がついたものを選ぶことでリスニング対策にも役に立つからです。

なぜTOEICの勉強をする時に順番を意識する必要があるかというと、基礎力がない上で応用問題・実践問題を解いたところで全く身につかないからです。

例えば、中学や高校の時の問題集を思い浮かべてみて下さい。問題集の構成は必ず基本問題そして応用・発展問題と続いています。

基本問題を解けるようになっても、すべての応用問題や発展問題が解けるわけではありません。それが仮に基本問題を飛ばして応用や発展問題から解き始めたらどうでしょうか?。解けるわけがありません。

数学には公式があるように、英語には英文法があります。数学で公式を知らないと解けない問題が数多くあるように、TOEICでは英文法の知識がなければTOEICでは点数を取れません

TOEICの単語や文法は基本問題にあたります。対するリスニングやリーディングは応用や発展問題にあたります。単語を知らなければ、いくらリスニングの勉強をしても「そもそも、あなたの知らない単語は聞き取れるわけがない」ことは想像できると思います。

そのため、TOEIC600点を取るコツは基礎固めが重要です。基本英語をおろそかにしては、決してTOEICでは高い点数は取れません。

TOEIC600点を取るために基本英語を復習する

TOEIC600点以上を取るためには、単語・文法・リスニング・リーディングに絞って勉強をしていく必要がある旨お伝えしました。

しかし現時点でTOEIC400点に満たない場合や中学英語もほとんど忘れている方は上記の4つの勉強の前に、中学英語の復習が必要です。長く英語から遠ざかっていた人も中学英語の復習から始めることをオススメします。

なぜならTOEICで出題される英語の文法の範囲は中学で習う英文法が大半だからです。

TOEIC試験というのはETS(Educational Testing Service)という世界最大のテスト開発団体が開発した試験で、ビジネスに必要な英語力を測る目的で作られました。

TOEIC試験を開発するにあたり、ETSはビジネスで実際に使われる単語を調査し、結果的に3700語程度の単語と高校1年生までに習う文法事項を含めたテストが開発されました。

(内容引用:書籍 TOEICテストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣)

上記の通り、TOEICで必要な単語は3700語程度、また高校1年までに習う文法が出題されます。つまりTOEICで求められている英語の大半は中学英語が基本になっているとも言えます。

そのため中学英語がうる覚えでは決して高い点数は取れません。英文法の知識があればすぐに答えを出せる問題でも、英文法の知識があやふやだと解くのに時間がかかったり、間違えたりします。

例えば、TOEIC PART5というのは短文穴埋め問題で、文法問題と言われています。ほとんどの問題が英文の構造が分かればすぐに解ける問題です。以下のような問題は文法知識だけで解けます。

例題)
AIZ Office Products offers businesses a ——– way to send invoices to clients online.

選択肢)
(A)secure
(B)securely
(C)securest
(D)secures

(引用:TOEICテスト公式問題集 一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会)

答えは分かりますでしょうか。正解は(A)です。私ならこの問題を5秒で解答します。なぜなら空所の前後を見ると、前には冠詞のa、そして後ろはway(方法)という名詞が来ています。

名詞を修飾するのは形容詞の役目のため、選択肢の中で形容詞を選べばいいことが分かります。形容詞は(A)と(C)の二つありますが、(C)は最上級の条件を満たしていないので、答えは(A)になります。

このように英文には必ず構造があって、構造を見抜くことで答えを導けるものがTOEICではたくさん出題されます。そのため英文法の知識があやふやでは簡単に解ける問題でも落としてしまいます。

TOEIC600点以上を取るには、中学英語の知識は身に着けておく必要があります。中学英語の復習には下記の教材をオススメします。

<英文法の復習用>

下記の3冊の本を、1冊にまとめた「中学英語をもう一度わかりやすく」という本が高校生から大人向けとして発売されているので、こちらをオススメします。

<中学英単語の復習用>

中学英語で習う単語1200語程度に加えて、高校で習うような少し難しい単語も入っているためオススメできます

中学英語の復習が終わったら、ようやくTOEIC専門の教材で勉強する準備ができました。具体的にはどんな教材を使って勉強したら良いか紹介します。

TOEIC600点を取るための教材の選び方

短期間でTOEIC600点以上を取るには、勉強法の選び方が大事です。あなたのレベルにあったもので、さらに繰り返し勉強できるもの、またできれば一つの教材で勉強できるものが良いでしょう。

なぜなら色んな教材に手を出してしまうと、あなたがどの程度まで理解できていたか、理解度も分かりませんし、また勉強内容が重複したり抜けたりする可能性があるからです。

また1つの教材を選ぶメリットは、勉強法で悩む時間がなくなるからです。

新しいことを勉強しようとする際に、いちばん時間がかかるのは以下の2つです。

  • 「この勉強法でいこう」とあなたが納得する勉強法に出会うまで
  • 「この勉強法で本当に良いのか。他の教材を追加して使った方が良いのか」と勉強法で悩んでいる時間

あなたにも思い当たることがあるかもしれません。

私は中学1年で英語につまずいてから、英語が嫌になってしまいました。何度も「英語をやり直したい」「英語をやり直すためにはどんな勉強をしたら良いのか」と考えていました。

そして文法書を買ったり、みんなが持っているような参考書を買ってみたりしましたが、全く英語ができるようになりませんでした。

それは当たり前です。私は中学1年の英語でつまずいていたので、いくら教材を買ったところで基礎力がないので難しい問題は分かるわけがないのです。このように参考書を選んだり、「正しい勉強法は何か」を考えるたりすることは、時間もお金もかかります。

それであれば「このひとつの教材さえ勉強すれば、TOEIC600点以上を取れますよ!」という教材を選んだ方が良いに決まっています。

そのためTOEIC600点以上を取るためには、必ず一つの教材でTOEICの勉強が完結できるものを選ぶようにしましょう。勉強法で迷っている時間が一番もったいないです。

TOEIC600点以上を目指せるオススメ教材3選

一つの教材だけでTOEICの勉強ができるものは、通信講座やアプリ、TOEICスクールなどがあります

TOEICスクールなども良いですが、面倒見の良いスクールを選ぶ必要があります。

なぜならTOEICスクールでは、TOEICの問題傾向や解き方・テクニックなどを授業で教えてくれます。しかし授業がない時は自分で勉強を進める必要があります。

自分で勉強を進める時に、どんな教材でどんなペースで、どのように勉強したら良いのか指導してくれなければ決して目標点を達成することはできないからです。

宿題を出したり、スケジュール管理をしれくれたりして、絶対に目標点を達成できるように指導してくれる先生がいるスクールであれば良いでしょう。しかしそうでない場合は、独学しても変わらないので高いお金を払う意味はありません。

対する通信講座やアプリのメリットはスクールと違って、自分で勉強を進めることをベースにしているため、勉強内容で迷うことがありません。

通信講座であれば届いた教材、またアプリであればアプリの中に勉強すべき内容があるので、それだけやれば良いからです。それではオススメの通信講座とアプリを紹介します。

通信講座であれば、アルクのTOEICテスト通信講座 TOEIC L&R完全攻略シリーズが良いでしょう。目標点数別に講座が分かれています。買い切りのため、一回お金を払えば何カ月かけて勉強してもOKです。

アプリであれば、リクルートのスタディサプリTOEICコースやZ会の100UPトレーニングシリーズが良いでしょう。通勤時間などのスキマ時間にも携帯さえあれば勉強できること、また通信講座と比べると安いのが特徴です。

このようにTOEIC600点を取るためには、勉強法で悩むことのないように、1つの教材でTOEICの勉強が完結するものを選ぶようにしましょう。

アプリを使ったTOEIC勉強法

私はTOEICの勉強をアプリで行っていますが、私の使うアプリでは英文法・英単語・実践問題(リスニング・リーディング)の4つの勉強がこのアプリだけで出来ます

単語は下記(写真右)の通り、目標点数別に1410語の覚えるべき単語があります。10問単位で問題を解いていき、答え合わせをします。

答え合わせの画面では、単語また例文を音声と共に確認することができます。音声を聞くことでリスニング対策にもなるので、間違えたり・分からない問題は必ず音声を聞くようにしています。

間違えた問題や覚えきれていない単語は右のチェックボックスにマークすることができます。チェックしておくことで、あとで間違えた問題だけを復習することができます。

下記の復習トレーニングという画面で、間違えた問題や自分でチェックマークを入れた問題だけに絞って復習することもできます。

このように私の使うTOEIC勉強アプリでは、アプリ1つで勉強が完結します。また携帯さえあればどこでも勉強できるため、通勤・通学時間のスキマ時間にも勉強を進められます。良かったらアプリでの勉強も検討してみることもオススメです。

TOEIC600点を取るために必要な勉強時間

「TOEIC600点を取るためにはどれくらいの期間、勉強したら良いのか」気になる方も多くいると思います。

古いデータですが、以下の表が目標スコアとTOEIC勉強時間の相関図です。TOEICで100点あげるためには200-300時間の勉強時間が必要だということが分かります。

左の白いゾーン(Current score=現時点のスコア)と上のグレーゾーン(Target score=目標点)の交わるところが必要勉強時間になります。

(引用 Oxford Universtity Press A teachers guide to TOEIC)

例えば現時点で450点の人が650点にスコアを伸ばすためには450時間の勉強が必要ということです。

これを3カ月で達成するためには、一日5時間もしくは一週間で36時間程度の勉強が必要となります。もし6カ月で達成するには、一日2.5時間もしくは一週間で18時間程度の勉強が必要です。

このようにTOEICで点数をあげるためには、一定期間勉強をし続けていく努力が必要です。仕事や学業に取り組みながらTOEICの勉強をするのは本当に大変です。しかしTOEICで目標点を達成した後に得られるメリットを想像しながら、勉強に取り組んで頂ければと思います。

まとめ

今回の記事ではTOEICで600点を取るために必要な4つの勉強(単語・文法・リスニング・リーディング)について紹介しました。また基本英語の復習の重要性についても合わせて説明しました。

英語初心者は「これだ!」と納得できる勉強法に出会うまでに時間がかかったり、勉強法に自信が持てず時間だけが経過してしまうことがよくあります。

そのため勉強法に迷う必要のない、通信講座やアプリといった1つでTOEIC学習が完結するものを選ぶことがTOEIC高得点へのコツです。

ぜひTOEICで目標点を達成できるように頑張ってください!

ベルリッツ
ベルリッツ

あなたのTOEIC勉強法、非効率かもしれません…

TOEICの勉強を始める時、多くの人は参考書を買って勉強しようと考えます。

参考書で勉強する場合、単語・文法・リスニング・リーディングのすべての参考書を自分で選び、スケジュールを自分で組み当てて勉強していく必要があります。

勉強すべき内容は明確なのに、多くの人がTOEICで点数を上げられないでいます。

それはなぜかというと、どんな参考書をどの位の頻度で、どの程度勉強すれば良いか誰もアドバイスしてくれないからです。

短期間でTOEIC高得点を取るために選ぶべきTOEIC教材のポイントは、以下の二つです。

TOEIC教材を選ぶ2つのポイント

・TOEIC専用の教材であること
・ひとつの教材でTOEICの勉強が完結するもの

この条件にあてはまるTOEIC勉強法はいくつかあります。しかし本当に結果を出せるもの、また忙しい中でも勉強できるものを考えると限られています。

以下のページで管理人がやってみて良かった、TOEIC勉強法についてレビューしているので、ぜひ参考にしてみて下さい↓